ネズミ駆除の方法や効果・被害再発の防止法について

subpage01

ネズミ駆除の厄介なところは、どの方法も確実性に欠ける面があるという点にあります。

これを解決する為の1つの方法としては、プロの事業者に依頼する手があります。
専門的な知見が活かされる事は確実性は格段に上がり、更に一定期間に渡るネズミ被害の再発に対する保証まで得られる事が多いのは魅力的です。



ですが手厚いサービスに加え人件費が掛かる為に、ネズミ駆除に要する費用が格段に上がってしまう事となります。

livedoorニュースの口コミ情報を掲載しています。

この点から業者への依頼を躊躇したい場合には、ネズミ駆除を自分で行う事になります。

主な方法としては、罠や粘着シートを使う方法が考えられます。

これらはネズミの通り道に設置出来ないと効果が薄いのですが、上手く行った場合には死骸若しくは生け捕りの形で回収が容易なので、衛生的なのが魅力です。
特に罠の場合は繰り返し使用出来ますし、費用面では1000円を切る事も可能でコストパフォーマンスは抜群となります。また毒餌で誘き寄せるのも、古くから使われているネズミ駆除法です。


こちらも費用面では安い上に効果も出易いのですが、死骸の場所が一定しないので回収は若干困難になるケースがあります。



また近年は毒に耐性を持ったネズミも発生するようになっていて、以前よりは若干信頼性が落ちつつあります。そして個人でネズミ駆除を行う場合、これだけでは再発の防止に繋げる事が出来ません。
その対処としては、侵入口と思しき箇所に金網を設置して塞いだり、ネズミにとって忌避となる薬剤を設置する方法が考えられます。
また最近はコンセント電源で超音波を発し、ネズミに反応させて侵入を防ぐ機器も登場しており、これを利用するのも有効と言えます。